眉用のハサミ

いつもの眉毛の手入れが地味に大変。昔から剛毛体質に近くて。この立派な眉毛がずっとコンプレックスでした。高校の時は全剃りに近いくらい剃っちゃって、両親に叱られたのもちかごろではいい思い出。今日こそ脱毛するぞー!と意気込んでも、自分自身が健康で体調も万全でなければ、断られてしまいます。健康な人であることが前提であると、エステサロン側も提示しています。こここのところは小学生のオンナけど、腕や口元の余分な毛を気にしている子が多いようだよね。

数年前までカミソリで除毛する時に、シェービングフォームを塗ってから剃っていました。女子のからだー用のやつで、確かバラの香りつきだったと考えます。ずい分気に入ってたのですが、ある時からドラッグストアで見かけなくなってしまいました。よぶんな毛を処理して、保湿も丁寧にして。服装に気を遣うのに膝のみほったらかしとか、自分的にはありえませんから。

鼻の穴って予想外に距離感がつかめず、眉用のハサミは特にとがっているので、痛いっ!となることもありました。だけど今はつめ切りハサミで楽観視して鼻毛カット出来ていますよ。だけれども未成年が脱毛を受ける場合、父親の承諾が不可欠であったり、中学生以下はお断りというサロンが普通です。

永久脱毛ではないので、いつかはまたその箇所から毛が生えてきますが、3~4週間ももつそうですよ。意外と長持ちするのと仕上がりが魅力的なので、ブラジリアンワックス脱毛は海外では人気なんだそうです。皮膚のことですからホルモンバランスなんて関係がなさそうですが、どうやら脱毛と一緒な関係があるようなのかなあ。人の身体って奥深いのだよねー。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る